BLOG

やっぱりいいよね「tambourine」

2019年01月20日


4日間の冬休み、ありがとうございました。
旅行に行ったり、友人とお茶したり、各々の冬休みを満喫いたしました。
(私は風邪をこじらせひたすら家の片付けをしました。)

”冬休みに入るまで”を目標にチャレンジしていた毎日1コーデ紹介。
冬休み後も週に1,2コーデくらいのペースで続けていこうと思います。

本日はやっぱりいいよね「tambourine」です。




▪︎mina perhonen 「mountain bird ブラウス」 white
▪︎mina perhonen 「tambourine ノースリーブドレス」 light blue
▪︎tamas 「Open ブローチ」

mina perhonenといえばオリジナルのテキスタイルですよね。
その中でも代表的なテキスタイルといえば「tambourine」
2000年に発表されて以来、ミナファンに長く愛されてきました。




シーズンごとにベースの生地や刺繍糸の色が変わるので、同じ「tambourine」のテキスタイルでも毎シーズン別物のように感じます。
今年の「tambourine」はへリンボン組織のウール地で仕立てられています。
太さをやや不揃いにした糸を使用することで、手つむぎの糸で織ったようなクラフト感のある仕上がりに。あたたかみがあり、今の季節にはぴったりの生地です。




すっきりとしたシルエットのノースリーブドレスは、どこかレトロな雰囲気のある1枚。
身長167cmの私が着ると膝が見えます。
この丈感は久しぶりに着ましたが、なんだか新鮮でした。
ツイッギーが着ているワンピースみたいで可愛いです。(ツイッギーはもっとミニですが)

ちなみに身長153cmのいずみさんが着ると…




膝がすっぽり、ちょうど良い丈感です。
ラリーのお洋服は小柄さんには大きいと言われることも多いのですが(半分以上がでかいスタッフだから無意識のうちに大きめをセレクトしているのかも…)こちらのドレスは小柄さんにもオススメです。

肩のカットもかわいくて、横姿も見せたくなるドレスです。





インナーに合わせるアイテムで印象が変えられるので、コーディネートも楽しいです。
色違いのnavyもシックでいいお色ですよ。






▪︎mina perhonen 「tambourine ノースリーブドレス」 navy
▪︎mudoca 「有限のいろ タックシャツブラウス」 オフホワイト
▪︎chausser 「C-2277 ストラップブーティー」 BLACK
▪︎la fleur 「b1856 コサージュ」 black

胸元にコサージュをプラスすればちょっとしたセレモニーにも。
普段にも着られてきちんと感も出せるアイテムって、持ってるといざという時使えます。

全面刺繍の総柄なのに合わせやすく、飽きのこない「tambourine」
ひとつ持っていてもまた欲しくなる魅力的なテキスタイルです。

ぜひ実物も見にいらしてください♪