BLOG

ガーメントスタイル

2019年02月01日


こんにちは。ミヤムラです。
2月になりました。
金沢は昨夜から今朝にかけて雪が降り続いて、いよいよ積もったかと思ったのもつかの間、
お昼前から晴れて、積もっていた雪もかなりとけてしまいました。
ホッとしたような、でももうちょっと積もってても良かったのにと思ったり。

お店には各ブランドさんから春の新作が届き始めていますが、外の気温とのギャップを感じずにいられません。
新しいお洋服にワクワクしながらも、なかなか手が伸びないという現実。

そんなわけでもないですが、
今も春も着られるようなお洋服をアーカイブからご紹介させてください。



・GARMENT REPRODUCTION OF WORERS 「ZITTA」 BEIGE
・evam eva 「ladder lily yarn turtleneck」 otter gray

私個人的にですが、GARMENT REPRODUCTION〜は、絶対に着る、日常に出番の多いお洋服です。
なんたってガシガシと気兼ねなく着られて、着て洗ってを繰り返しても、それがまた生地の良さになり。
シンプルなデザインのものも多いですが、でもどこか他にはない存在感があるのが気に入っています。



この「ZITTA」は、ノースリーブワンピースというよりジャンパースカート的なアイテム。
脇開きが広いので、ゆったりとしたニットやドルマンスリーブのトップスなども合わせられます。
冬はニット、春はブラウス、夏はTシャツと、季節ごとの着こなしを楽しめるのが嬉しい。
裏地が付いているので透け感も気にせずバサッと着られます。



ウエスト切替にはタックが入って、タックの中に生地がたっぷりと隠れています。
真っ直ぐに立っているとストンとしたシルエットなのですが、動くとその生地の分量を感じられます。
分量感たっぷりのお洋服が大好きな私には、ここは大きなポイントです!

このワンピースはフランスで生地が作られ、縫製までされています。
縫製もフランスで制作することによって、日本の工場では出せない繊細なニュアンスを大切にしているそう。
現地の空気をたっぷりと含んだ軽く柔らかな平織りリネンは、ムラやネップがある表情豊かな生地。
独特のふっくらとした風合いを出し、ますますヴィンテージ感のある雰囲気が増していきます。



・GARMENT REPRODUCTION OF WORERS 「AIMEE」 BLACK TWILL
・GARMENT REPRODUCTION OF WORERS 「ZITTA」 BEIGE

・evam eva 「ladder lily yarn turtleneck」 otter gray
・gasa*grue 「タマングールの森」 ニット帽 short / cream yellow

バサッとローブを羽織って。
リネン100%素材ですが、裏地も付いているからか、着ると暖かいです。(金沢では真冬は無理ですが。。。)
中に着るウールなどの暖かさをぎゅっと閉じ込めてくれる、保湿力抜群の1枚。

このコーディネートにリュックサックを担いだら、完全に私の休日スタイルですね。



このローブの生地もフランスで生地が作られ、縫製までされています。
リネン糸をツイル織りした生地は、程よい厚みながら柔らかく膨らみ感があります。
着心地は見た目よりもずっとしなやか。





GARMENT REPRODUCTION OF WORKERSは、フランスで19世紀ごろから作られているワークミリタリーウェアのデッドストックをフランスの蚤の市などで探しまわり、仕入れていたのが始まり。次第に人気が上がる一方なのに良い状態のものがない。そんなワークウェアファンのためにヴィンテージミリタリーウェアを再生する当ブランドを立ち上げたそうです。

ヨーロッパで見つけた古い素材をの多くは、古いリネンやコットンで織り地がデコボコしていたり、シュリンクしており、それが独特の味わいを出している。19世紀の労働者のように個性たっぷりの着こなしを楽しみながら、穴があくまで着込めばさらに味わいが出るものばかり。 着込めば着込むほど、個性豊かな味わいを堪能する事が出来る。
そういう服を今の時代に作っているのがGARMENT REPRODUCTION OF WORKERSです。

生地の良さというのは、特にGARMENT REPRODUCTIN〜のオリジナルの生地は、パッと見はシンプルなので、画像を通してはもちろん、店頭でもなかなかお客様にお伝えするのが難しいのですが、着ていくことで良さが実感できます。それをうまく伝えられるようになりたい、と思う今日この頃。




シンプルなのにお値段がなかなか、、というお客様のお声をお聞きすることも多く、
この良さをお伝えすることができていない自分の無力さを実感するばかりです。
着てもらうと分かるのに〜!そんな気持ちも込めて、GARMENT〜のアーカイブ(2018ssまで)のお洋服を割引いたします。ご興味のあるお客様はこの機会にぜひ!なおオンラインショップでは価格変更しておりませんので、遠方のお客様は、詳細につきましてはオンラインショップの商品画面よりお問い合わせくださいね。

GARMENT〜の2019ss collectionもお店に届いています。
来週あたりから店頭に並べたいと思っています。新作も合わせてぜひ見にいらしてください。