BLOG

サスペンダーパンツの魅力

2020年01月20日


こんにちは。

寒がりな自分にしては軽やかなコーディネートになりました。
Bilitis dix-sept ansのサスペンダーパンツは、カジュアルになりすぎない、
ちゃんと女性らしさがあるということを前提に、ご紹介していきたいと思います!

飽きずにご覧になっていただけたらと思います。



■mina perhonen「trois」ブラウス blue ■Bilitis dix-sept ans「Nep Tweed Suspender Pants」Ecru
シルエットはワイドではなく、ラリーにしては細身。
だからこそすっきりと見えますね。


個人的にサスペンダーは好きな部類で、何が好きかと言わたらやっぱり長さの調節が可能だという点でしょうか。
自分が小柄であるため、パンツの長さはかなり重要になるのです。

それから、ウエストのサイズが大きいと履いているうちにだんだんずり落ちてくるのですが、
サスペンダーがあることでその心配は解消されて、着崩れを気にせず1日を過ごせる。
それって結構大事だと思っています。



左サイドに連なるボタンがポイント。
ここを開けて履きます。



ウールとナイロンのネップツイードのあたたかみのある生地。
よく見るとブラウンやイエロー、水色といった様々な色の糸が織り込まれています。
エクリュのほんわかとした、優しい雰囲気のあるパンツです。

「冬に白を着る」ラリーおすすめの着方です。



後ろにポケットついてます。
キュプラの裏地が筒の下の方まで付いていますので、着脱しやすく、本当にあたたかいです!
そして軽い!!




サスペンダーは取り外しができますので、ただのパンツとしても履いていただけます。2WAYです。
ベルトループもついていて、ウエストのサイズが心配な方にも安心して履いていただけると思います。

ツイードというと冬の印象もありますが、こちらのパンツは色が明るいので
春先まで履いていただけると思っています。まだまだ履けます!

今日はブラウスを合わせていますが、タートルニットなども合わせやすいですよ。

今日はいつもより体型に偏りのある内容になっていますが、
小柄でなくとももちろん履いていただける1本になっています!







BilitisのHPから拝借いたしました。
素敵ですね。着てみたい!と気持ちを駆り立てられますね。

冬のblogはあともう少しだけ続ける予定です。
それでは次回をお楽しみに〜。