BLOG

フリル・フリル・フリル

2020年01月26日


最近お客様から「ブログを見て気になった」というお声をいただき嬉しくなったので
ブログ、もう少しつづけます。笑

本日はBilitis dix-sept ansのプレスプリングコレクションより、
アンティークのような雰囲気が漂うブラウスを2点、ご紹介したいと思います。




・Bilitis dix-sept ans 「French Antique Blouse」 White

ビリティスのブラウスは毎シーズンかわいいのですが、今回のコレクションは特にときめきました。
装飾的な立ち襟やフリルなど、ヴィクトリアン時代のテイストがふんだんに盛り込まれたロマンティックなブラウス。
アンティークやフリル・レースがお好きな方にはたまらないのではないでしょうか?





やや張り感のある生地で仕立てられているので、襟元も綺麗に立たせることができます。
お袖もフリルでどこまでもかわいい!贅沢に重ね着をしてフリルだけ覗かせる着方もオススメです。





張り感があるといっても柔らかい生地なので着心地も良しです。
ボリューム感のある前身頃に対して、後ろ姿はスッキリと。





1枚プラスするだけでコーディネートが一気に華やぎます。
まだ寒さの残る今時期は、あたたかいカーディガンと合わせて楽しみたいですね。




・Bilitis dix-sept ans 「French Antique Blouse」 White
・NATIVE VILLAGE 「NO.8 Grail カーディガン」 camel
・mina perhonen 「always デニムスカート」 indigo
・mina perhonen 「oval ベルト」 light brown
・TRAVEL SHOES 「TR-012 レザーウェッジソールスリッポンシューズ」 BLACK


フリルブラウスに興味はあるけど可愛すぎないかしら…と、足踏みをされていらっしゃる方は
ボトムにデニムなどカジュアルなアイテムを合わせると甘すぎず入りやすいですよ。


続けてもうひとつ。




・Bilitis dix-sept ans 「Ruffle Collar Blouse」 White


1800年代頃のフランスのロマン主義のファッションをイメージしてデザインされたブラウスです。
なんといってもこのたっぷりとしたラッフルフリル襟!乙女心がくすぐられます〜。





デコラティブな襟元に対し、ベースはプレーンなデザイン。
繊細なコットンローン生地を使用しており、着心地も軽やかです。
胸元はざっくりとあいているので、春待ちの今時期は中にタートルネックを入れてお召しいただくのがオススメです。




・Bilitis dix-sept ans 「Ruffle Collar Blouse」 White
・Bilitis dix-sept ans 「Basic Turtle Neck Sweater」 Ivory


身頃はゆったりとしているので重ね着もしやすいです。
先ほどのブラウス同様、こちらもお袖がフリルになっています。
ゴム仕様なのできゅっと上げていただくとお袖全体がふんわりと膨らみます。そこがまた可愛い。





着てみたいけれど1枚ではまだ勇気が…
という方は春まで羽織をプラスして慣れていきましょう。笑




・Bilitis dix-sept ans 「Ruffle Collar Blouse」 White
・Bilitis dix-sept ans 「Basic Turtle Neck Sweater」 Ivory
・FOR Flowers of Romance 「『アンハッピーエンディング』COAT」 墨染ダーク
・susuri 「ペンギンパンツ」 Beige
・mina perhonen 「oval ベルト」 light brown

やわらかい生地なのでコートも羽織やすいです。
FORの墨染のコートもざっくりと胸元が開いているので、ちょうどフリルが覗いて良いバランスです。





フリル部分はフランス製のリバーレースを4mも使用しているという贅沢っぷり。
品の良い上質な素材を使用しているので、大人っぽさもしっかりと兼ね備えられているのですね。


冬から春にかけて展開されるこの時期のアイテムは長いシーズン活躍するものが多いので、
お買い物にオススメな時期でもあります。
春物はまだ早いかしら?とは思わずぜひチェックしてみてくださいね。