BLOG

今着れる、使えるシンプルニットたち

2017年01月12日


・Bilitis dix-sept ans 「Guipure Lace Coat」Beige

Bilitis dix-sept ans「Crew Neck Pull Over」Black

sowa 「suspender PT」brown

 

穏やかな冬だと少し安心していたのも束の間、また一気に厳しい寒さがやってきました。

今回はお求めやすくなっている商品を取り入れた、今着れるお洋服をご紹介させて頂きますね。

 

IMG_5766
 

レースガウンを脱ぐと、インナーのきれいなシルエットが際立ちます。

 

IMG_5769
 

無地のお洋服って、一見どこにでもあるものと想像してしまいがちだと思うのです。

このニットは、糸はイタリアの老舗紡績メーカーZEGNA BARUFFA社最高羊毛を使用して織られています。

そしてこれを織っているマシーンもまた、日本に数台しかない貴重なものなのです。

マシーンを動かすことのできる技術者も知識と高度な技術を要する為、本当にスペシャルな1枚なのですよ。

氷見山さん、ぜんぜんチクチクしない!いい!と絶賛でした。

そしてもう一つ、今まさに着て頂けるお洋服をご紹介します。

 

IMG_5699
 

・Lisette 「クリストフ」トップス アンディゴ

・Lisette 「グレゴリー」パンツ レザン

・ANTIPAST「 HAT HITOMI COLLABORATION 」ヘッドドレス BLACK

・la fleur 「panier」white

・chausser「PC-5036」SV

 

ラリーにしてはシンプルなコーディネートになりました。

しかーし。シンプルな中にこそクオリティーの高さが垣間見えるものもあるのですね。

 

IMG_5709
 

横から見ると、サイドに切り込みが入っています。

 

IMG_5044
 

こうして拡大で見ると、生地が青みがかっているのがお分かりでしょうか。

(画像の色は実物より少し明るめです)

実は糸の色が単色ではなく、薄い青や濃い青が混じっているので

全体で見るととても深く、見入ってしまうほど綺麗な色なのです。

わたしたち、おすすめの1点です。

 

IMG_5716
 

最後にこちら。

冬だからこそ身につけられるヘッドドレスは、私も同じ形を持っていて最近は1週間に数回はつけているほど使いやすいアイテムです。

ヘッドドレスというよりは、帽子のような感覚で使っています。

 

コサージュはこれからの卒業、入学のシーズンにはもちろん、

普段の装いの時にも、今日はちょっと何か足りないな…と思う日に、

選んで頂きたいアクセサリーです。

 

新年最初のブログはいかがでしたでしょうか。

次回もセールの商品を取り込みながら、春に向けてのコーディネートを

ご紹介したいと思います!

ぜひお楽しみに。