BLOG

可愛いカーディガン

2020年01月18日


今年も冬休みをいただき、ありがとうございました。
スタッフそれぞれソロ活動を楽しんでリフレッシュしてきました。
また引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

さて、久しぶりのラリー!
私も昨晩、明日何を着ようと悩みましたー。。。
毎年のことながら、この時期は「寒いけど気持ちはもう春」と心に体が追いつかないことになりがち。
せっかくなら春までを見越して選んで、少しでも長く楽しみたいですよね。

ということで、本日はこちらのアイテムをご紹介いたします。




ANTIPAST「Sock Knit Cardigan-BOTANICAL IX-」Beige
Bilitis dix-sept ans「Dot Lace Blouse」Ivory
susuri「トラピーズスカート」smoky pink


ANTIPASTでは定番で作られている「Sock Knit Cardigan」
前身頃は柄、後身頃には無地ニットを組み合わせたカーディガンです。

きっちり肩で切り替えてあってコンパクトなつくり。袖周りもすっきり。
着丈も長すぎず短すぎず。真面目でお上品な印象。
時代を超え、これぞカーディガンの王道!といえるシルエットだと思います。

ドルマンやロング、カーディガンとコートが組み合わさったような…
とここ数年でカーディガンもずいぶんと進化しましたが、(古き良き、ではないですが)
いわゆるカーディガンと聞いて思い浮かぶ定番シルエットをひとつ、愛用するのもいいものだと思うのです。




このカーディガンの楽しいところは、セレクトによって違った印象のものが出来上がってくるというところ。
ん?どういうことかと言いますと…
カーディガンのパターンが決まっており、そこにそのシーズンのソックスの柄を組み合わせられるという
仕組みなんです。
一つの柄に5〜6色ほどの中から選べるのですよ。
今回ラリーではクルーネック+毎シーズン展開され大人気のBOTANICAL柄をセレクトしております。




お花だけでなく茎や根っこまで、いろんな種類が植物図鑑のように表現された絵柄。
クラシカルなベージュで、甘くなりすぎないお花柄です。

襟も詰まりすぎず開きすぎず。
フリル襟のブラウスともとってもよく合います。
ボタンはどこまで留めるかはお好みで。私はひとつふたつが好きです(^^)




裾部分にはラメ糸が入っていて(見えるかな)さりげなくキラキラ。
コーディネートも華やぎます。




ベースの生地はハイゲージで柔らかなウール100%。
単色ではなく、ベージュにさりげなくお色が混ざっていて、優しい印象。

薄手ですが透け感の出ないくらいの厚みなので、秋口から春いっぱい、ロングランで大活躍間違いなしです。




susuri「トラピーズスカート」smoky pink


スカートも淡い色を合わせたくなりました。
ベージュ+スモーキーピンクの組み合わせで、一気に春気分が盛り上がります。

無地に見えますが、実はコットンとキュプラを織り表現したドビーストライプ生地。
さらりとしてハリがあって、穿き心地が良いです。

前身頃は、方向や深さをバラバラに取ったタックによってふわふわと動きのあるシルエットになっています。
ウエストラインもすっきり。大きなクルミボタンがポイントになっているので、
トップスをインして見せたくなります。




後ろにだけゴムを入れているので、気持ちよくウエストにフィットしてくれます。
タックが入りふんわりと丸みのあるシルエット。
前と後ろで微妙に見え方が違うところも楽しい1枚。
まだ寒いのでタイツと合わせるのもいいですね。春に向けてぜひおすすめの1枚です♪


まだまだ寒いからもうしばらくは秋冬シーズンのアイテムがメインになる1月2月。
でも秋冬の始まりからしていた組み合わせだと、なんだか違うんだよなあ…って悶々。。。
それなら本当は春夏のものだけど、これはどうかなーって思い切っていろいろやってみるのも楽しいと思います!
また、そんなコーディネートがひらめいたらご紹介させてくださいね(^^)

では、また次回のブログで♪