BLOG

涼しい!mina perhonenコーディネート

2019年08月05日


もうすぐお盆ですね。
実家に帰ったり、久しぶりに家族や親戚、お友達に会ったり。
暑いけれど、なんとなくいつもより少しおしゃれしたいな〜とワクワク、
特別な気持ちになる時期でもあります。

いつもよりちょこっとおめかしに、こんなブラウスはいかがでしょうか。



・mina perhonen「anemone」フレンチスリーブブラウス light gray


アネモネのお花の図案が、連続して並ぶ刺繍のテキスタイル。
とても素敵な生地なので、さらっと取り入れるだけで華やかなコーディネートが完成します。

胸元の一部にはさりげなくギャザーを寄せて。
画像ではわかりにくいかと思いますが。。。
実は平置きすると身幅が結構ゆったりとしているうえ、肩の切り替えがないデザイン。
着る人の肩にきれいに添うようになっています。

そしてフレンチスリーブですがあまりそこには目がいかず、
全体的にコンパクトに見える、という素晴らしい作り。
これは実際に着てみて「なるほど〜」と実感していただけると思います!




可愛らしいアネモネのお花がずら〜っと並んでレースのよう。
お花好きとしては、もう、眺めているだけでも嬉しくなります。。。

(隣のお花とお花の間が空いておりますが、キャミソールなど入れていただければ
全然気になりません、ご安心を)

よく見るとベースの生地は無地ではなく、方眼紙のような細かなチェック。
太さの異なるシルク糸、コットン糸、ラミー糸を細かく織り交ぜた生地で仕立てています。

ドライな質感。柔らかさと軽さ。この時期にはなんとも嬉しい3拍子が揃っています。
裏地がないので着やすく、
ベタベタする肌にも張り付かず、爽やかな着心地です。





・mina perhonen「anemone」フレンチスリーブブラウス light gray
・mina perhonen「amaryllis」パンツ light gray
・MUKAVA MU-9830 「グルカサンダル」Brown


今回は、あえて同生地のパンツを合わせて何気にセットアップのコーディネート。
シックで大人のリラックス〜という雰囲気で逆に新鮮でした。



一見スカートのようにも見えるくらいのワイドシルエット。
お尻周りもゆったりしていて、とにかく風が通って涼しい!
パンツの中で体が泳ぐ感じがとてもとても嬉しい。今日のような猛暑にはこれ!ですー。




ウエストもほぼゴムなのでノンストレス。
前にはボタン使いの少しレトロなデザインも入っているので、インして見せるのもぜひ。




涼しくて素敵。今はまさに体がこれを求めております。
横姿の方が、生地のたっぷり感が伝わるでしょうか。




・mina perhonen「anemone」フレンチスリーブブラウス light gray
・mina perhonen「always」デニムスカート indigo
・chausser C-2281「スリッポン」Brown


少し暑さが和らいできたら、ボトムから少しずつ秋を取り入れたいです。
始まりはやっぱりデニム!
届いたばかりのロングスカートを合わせたら、季節が一歩前進しました。




ロールアップデニムをリメイクしたようなユニークなデザイン。
くるぶしまでのロング丈でかっこよく、indigoのお色は白色の糸でのステッチが潔く、
そこもポイントの一つです。




ボトムにボリュームが出てくると、足元もそれに応じて変えていきたくなるもので。
スリッポンは今年の春夏シーズンの新作です。
すっきりとしたフォルムで、どんなお洋服にも合わせやすいのですよ。


お出かけすることが決まると、何を着ようかなぁって考えちゃいますよね。
今日のコーディネートはなにより涼しいことが最大の魅力のひとつです。

お目に留めていただけたら、うれしいなぁ!