BLOG

爽やか〜なmudocaの水色ブラウス

2020年07月17日


ここ数日、金沢では涼しいなと感じる日が少し続いています。
毎日のコーディネートも少し悩むところ。
朝、気温とお天気のチェックをしてから、さあどうしよう。。
じめじめっとしていても爽やかに気持ち良く着れる、というのを体が自然に選んでいるような気がします。

さて、今日おすすめしたいお洋服は、今まさにぜひ!なブラウスです。




・mudoca「所作のいろ」変形トップス サックス
・mina perhonen「gemma」ギャザースカート white
・chausser「TRAVEL SHOES TR-001 レースアップシューズ」LIGHT BROWN


ブルーとホワイトで見た目にも涼しげなコーディネート。

今回のmudocaは”朝”をモチーフに ”1日のはじまり”を思い描いて展開するコレクションです。
お洋服に込められたそんな想いを知ると、朝の気分だってぐっと上がります。




クルーネックのシンプルなブラウス。
一見そう見えますが、そうでないところがmudocaなのです(^^)
実は左右でデザインの異なる特徴的な変形シルエットです。




まず最大のポイントは、前身頃はコットン、後ろ身頃はリネンと生地を切り替えているところ。
画像で伝わるでしょうか。。
製品後に洗いと染めの加工をしているので、色合いや風合いが表情豊かな仕上がりになっています。
しなやかで柔らかくとても気持ちの良い肌触りです。




そしてなんと言っても美しいのがサイドシルエット。
右サイドが斜めになっていて、部分的にボリュームが出るようなフレアデザインになっています。
意識せずとも、体が動いたらもう素敵な雰囲気が出ます。

お袖は、ドロップした肩から付いた袖口窄みのデザイン。
そこにギャザーフリルが施されています。
ホイップクリームのようなふわふわ感。ふりふりっと可愛らしさがあるけれど、付けられている位置が絶妙!
前から見たらわからないくらいさりげなくて、こうやって手を曲げたりした時こそ「あ!可愛い」となるんです。
(それをうまく表現したくて、何度も撮り直す。。。でしたよ(^^))




左サイドは肩の切り替えがないドルマンスリーブ。
腕を上げないとわからないくらいのさりげなさだけど、そんなディティールのコントラストがとても楽しいんです。

生地分量としては結構たっぷり身幅もあるのですが、着る方の体型にうまく沿うようになっていて、
とても綺麗なシルエットが出るように計算されています。
体に密着しないのと、きっとこれは後ろ身頃のリネンがいい仕事をしていると思われます。(暑がりの私でも大丈夫)
風が通って涼しい!リラックスしてとても気持ち良く着ていただけますよ。

体が入れば納得!!もうこれはぜひ体感してほしいですー。




このブラウスに合わせたいなと思ったのが、白のスカート。
白はいつだって好きな色だけど、今年はいつも以上に白を選んでいるような気がします…
と思っていたら、ラリーのスタッフやお客様も同じ気持ちだったようで。。。
穏やかで清々しくいたいと思う気持ちが自然とそうさせているのかもしれませんね。

光に満ちた宝石を刺繍で表現した“gemma”のテキスタイルのスカート。
少し長めの丈で、ゴムギャザー。細かな刺繍が散りばめられて、特別感があるけれどとても穿きやすいです。

ベースのホワイトに刺繍のネイビーのコントラストがとてもきれい。
ふんわりと軽くさらさらの生地もとても気持ち良く、幸せな気持ちになれる1枚です。




裾のスカラップ刺繍がとても可憐な印象。
ふわふわっと軽やかな足元がとても涼しげですよ。


基本的にはシンプルで、でもさりげない可愛さがあって。そして毎日でも着たくなるようなブラウス。
でも、どこにもないブラウスだと太鼓判押せます(^^)
ぜひクローゼットに加えてみてはいかがでしょうか。
楽しいコーディネートで、梅雨を乗り切りましょう!