BLOG

着まわせるトップスたち

2018年01月14日


さて前回に引き続きまして今回は今から春先まで着回せるアイテムをご紹介させていただきます。


・STASTNY SU 「butterfly specimen」タートルネックカットソー
・mina perhonen「sesame」パンツ
・yourwear「アルパカニットキャップ」


トップスとボトムが同系色でまとまって落ち着いた雰囲気になりました。
少し前から自分がプライベートでもワントーンでまとめていたのもあって、
けっこう見慣れた好きな合わせ方です。

yourwearのニットキャップも効いています。
編み目が面白くてあたたかい!大人の方におすすめです。





裾はゆるやかに広がったシルエットになっていて生地も柔らかく、
窮屈なくさらりと着ていただけますよ。




STASTNY SUのお洋服には毎シーズン刺繍が施されるシリーズがあるのですが、
私は毎回STASTNY SUの刺繍に余韻を感じます。
今シーズンも期待を裏切らない見事なグラデーションのちょうちょのカットソーは
秋口から春先まで着回せる1枚です。


ではここからは小柄さんにもおすすめのコーディネートです。




・SOWA「velour PO」トップス
・Bilitis dix-sept ans「Ballerina Tutu Skirt」
・yourwear 「ラムウールポンポンニットキャップ」


柄でも無地であっても同じなのですが、私はきっと1枚で着れてなおかつ存在感のあるものが好きなのだと思っていまして。
それはコーディネートがしやすいからなのかなと。

だから重ね着が得意な方が本当にうらやましいです。

チュチュと合わせたら少女っぽくなるかなと思っていたけど、意外と落ち着いていて
これはイイと気づきました。

それからポンポンニットキャップ!ネイビーのお色が本当にきれいで完全に虜になってしまったのでこれは今年の冬買います。





こちらのSOWAのプルオーバーは、無地だけどベロアで生地の質感が好き。
さらにさりげなく肩にデザインが作られています。
普段フリルは着ないという方にもこのトップスなら甘すぎないのでおすすめですよ。




後ろはSOWAならではのピンクのハンドステッチ。

こういうシンプルなものこそいろいろなボトムやアウターに合わせやすいと思うんですよね。




・mudoca「まばたきと蜜の匂い」ニットカーディガン
・mina perhonen「kuchen」カットソードレス
・tamas「tampopo」イヤリング


どちらのアイテムも好きなんです。
カーディガンはナイロン、ウール、アンゴラ混で織り目が密なのでとてもあたたかい。




お花とベースの生地は同色なのでインナーと合わせる時にとても使い易い
カーディガンではないかと強く主張したいのです。





私の身長は153cmですが、丈は腰の下ヒップにかかる位あります。




そしてこのワンピース!
これはいい!
着るとすごくいいです。(宮村さんもそう言っていた)
カジュアルなんだけど着崩れ感がなく、軽いし楽。

あぁ〜この気持ちをどなたかと共有したい…。




織り柄はバームクーヘンを切った形となっていて、mina perhonenらしい
キュートなテキスタイルです。




毎回そのシーズンのコレクションが始まると、つい大物から先に買ってしまって絶対に
着回せるお洋服が後からになってしまう我々。

今日ご紹介した中にはお求め易い価格になっているものもございます。
やっぱりこれは買い足しておきたい!と思われるものがありましたらぜひオンラインストアも
ご覧になっていただけたらと思っております。


今年はもう少しブログの更新を頑張りたいねとみんなで話しております。
いつもブログをご覧になっていただいている皆様。
どうぞ今年も首を長くしてご期待くださいませ!
(やる気があるのかないのか…)