BLOG

花柄フェチ

2020年01月19日


こんにちは。ミヤムラです。
先日ある方から突然に、「ユキさん(私)は何が好きですか?」と訊ねられて、
それは食べ物でも、動物でも、本とか音楽とか、なんでも良かったはずなのに、
口から出たのは「花柄が好きです」という言葉でした。
突然聞かれて、とっさに思いついたこの言葉、それこそ真実でしょう。
もちろんお洋服が好きという前提での花柄ですが、やっぱり私は花柄に目がありません。

というわけで、今日は私の大好きな花柄をご紹介しますね。


・gasa*grue「朝の祈り」羽織ワンピース flower ・gasa*grue「ル・アーヴルの港」フリルスカート black

私もヘビロテしているこのワンピース。
小柄代表のいずみさん(153cm)着用でご紹介するのは初めてです。
先日小柄なお客様がご試着されて、あぁこの丈感良いなぁ、羨ましいなぁと思いました。


gasa*grueオリジナルのフラワープリント、花柄具合も色合いもとても素敵です。
お花の中にほんのりイエローやパープルが入っていて、
おばあちゃんのエプロンにこんな花柄無かった?って思うような、古っぽさも感じられて、
個人的には甘くない花柄だなと思っています。


フロントは上部に3つだけ小さなくるみボタンが付いています。(ここ萌ポイント。)
そこから下は開いている羽織ワンピースですので、重ね着は必須になります。


お袖は袖口にゴムが入っていて、ぐっとあげるとふわりとパフ感が増します。
(花柄でパフ感分かりづらいですが、、、)
様々な体型の方にご試着いただいて、ここはグッとあげる方が可愛いというのは、全員一致の意見。


ウエストの紐でギャザー分量を調節できます。
いずみさんは小柄&華奢なので、ギャザーをギュッと寄せて着ています。


重ね着は必須なので、中に重ねたスカートは、gasa*grue 2019awのフリルスカート。
(これはまだオンラインストアには上がっておりません、、、)


中途半端な画像ですみません。。。
これは持っていると絶対に使える1枚!
これだけでスカートとして着用しても可愛いですし、ちょっとした重ね着にも便利です。


いずみさんにはカシュクールのように巻いて、ワンピースとして着てもらいましたが、
やはりボトム部分は重ね着必須です。
これを面倒だなと思わずに、今日は何を重ねちゃおうか?と楽しんで着ていただけると嬉しいな。



・evam eva「cashmere cardigan」 charcoal
・gasa*grue「朝の祈り」羽織ワンピース flower ・gasa*grue「ル・アーヴルの港」フリルスカート black

ワンピースはコットン100%ですので、幅広いシーズンで着ていただけます。
今の時期にはインナーにも温かいものを着つつ、上にカシミヤのカーディガンを羽織って。
ボリューム感のあるお袖ですが、生地が柔らかいので案外とお袖も収まります。
重ね着必須ですので、今回はスカートと合わせましたが、冬はニットパンツを穿くのも可愛いかと。




いつもオンラインストア用の撮影をしていて思うのは、
直立不動での画像より、動きのある画像の方が絶対素敵なのに、ということ。
このワンピースも然りです。
ただ私たちの撮影技術が・・・努力していきたいところ。
実際に着るときにはほとんど動いているのですから、そういう時に素敵な服であることを伝えていきたいなぁ。
ぜひInstagramも合わせて参考にしていただけたらと思います。

それでは、また次へつづく、はず。