BLOG

Kaori Yuzawa の「ピンタックブラウス」

2017年08月22日


秋の始まりに着たいお洋服のご紹介、最後はいずみです。


このブログを書くに当たって、一番最初に頭に思い浮かんだのはこちらのブラウスでした。



適度な品のある透け感が、まだ日差しが強い今の時期でも爽やかさを感じさせます。
素材はコットンとシルクで、ほのかに光沢があります。
その光沢が肌をきれいに見せてくれて、なおかつ女性らしく見せてくれる1枚だと思います。

ブラウスはボトムにインが、いまどきの気分です。



・Kaori Yuzawa by GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS 「PINTUCK BLOUSE」 YELLOW
・GASA* パンツ(私物)
・chausser 「TR-002 トラベルシューズ(ストラップ)」 BLACK

一目見た様子では、きれいめのブラウスです。
そうすると、このブラウスは何かある時のお出かけ用か、
はたまたセレモニー用かなと想像してしまいがちです。

でも私はあえて普段に取り入れたいと思うのです。
やっぱり普段着はカジュアルに、ある程度リラックスしてお洋服を楽しみたい。

もちろん細身のシルエットのボトムを合わせてきりりとさせても素敵ですが、
私はゆったりとしたパンツにも合わせてコーディネートしたい気分です。



後ろは無地ですっきりとしています。
お袖のボタンとフリルはさりげなく。



さてここからはさやちゃんと氷見山さんに登場していただきます。
まずはさやちゃんにもう1つカジュアルコーデを着てもらいました。



・Kaori Yuzawa by GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS 「PINTUCK BLOUSE」 NAVY
・mina perhonen 「always」ロールアップタイプ indigo

カジュアルといえばデニムだと思っている私。
さやちゃんの方が似合うので、お願いをして着てもらいました。



本当にこういう雰囲気でこのブラウスを着ていただければなぁと思うのです。
ブラウスといっても様々。
素材もシルエットもディテールもいろいろなものがありますよね。

ではどうして、今回私がこのブラウスを選んだのか。
それは実際に身につけた時のこの佇まいが好きなのと、
まだまだクーラーが効いているこれからの季節にもちょうどよく着ていただけるアイテムだからです。




・Kaori Yuzawa by GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS 「ALL-IN-ONE」 KHAKI

こちらはブラウスと同じKaori Yuzawaのサロペットを合わせました。
このサロペット、着るとパンツラインがとてもきれいで、美脚効果抜群!
うっとりしてしまいます…。

ブラウスと身頃のキャミソール部分がまたばっちり合っていますよね。
サロペットの方も微光沢がありますが、決してきれいめ過ぎず、
カジュアルに着ていただける1枚です。



トップ部分は華奢な雰囲気もあり、インナーで遊べます。
シンプルにTシャツとのコーデも絶対可愛いと思います!



そして最後にもうひとつ、
お出かけやセレモニーの時のコーディネートをご覧いただこうと思います。



・Kaori Yuzawa by GARMENT REPRODUCTION OF WORKERS 「PINTUCK BLOUSE」 NAVY
・mina perhonen「hope」チュールスカート beige
・chausser「C-2251 ヒールパンプス」BLACK

うん、素敵です。
文句なしのコーディネート。

このブラウスはわりとコンパクトめなので、ボトムに存在感のあるものも合わせられます。
ボリュームがあるスカートは持っているけど、上に何を合わせたらいいのかな…と悩んだ時にも
このブラウスです。

身頃のフリルが甘く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
こうして見るとそのフリルがボリュームにのまれずちょうどよいスケールで
とても魅力的に感じます。


Kaori Yuzawaはまだ2シーズンしか出ておらず、実際に手に取られた方も少ないと思います。
上記にも書いていますが、着用すると自分は女性である、と
改めて実感させられる魅力(魔力かもしれない)があるお洋服だと思います。



何を着ようか、何を着ればいいのか悩ましい季節になります。
ラリー&マーゴにはそんな時期でもお召し頂けるお洋服たちがたくさん揃っています。

遠方のお客様には、オンラインストアやインスタグラムで何か気になる商品がございましたら
お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

これからもスタッフみんなでブログを書いていきますので、どうぞお楽しみになさってくださいませ。
(頑張ります!)