BLOG

SOWA「waltz dress」

2020年02月06日


前回のブログに続きまして、本日もセレモニー向けなドレスをご紹介。




・SOWA 「waltz dress」 grey
・plus by chausser 「PC-541 Tストラップパンプス」 BLACK
・BROCANTE 「ハンドバッグ」


今シーズン、私もヘビロテしているSOWAの「walzs dress」
デザインが可愛くて着たいと思ったのはもちろん、
結婚式の二次会などお呼ばれも増えてきたのでそういった席にも使えるなぁ〜と思い迷わずオーダー。

ティーカップの中でワルツを踊るお花をイメージしたオリジナルのシフォン生地に
たっぷりのティアード、フリル、そしてリボン。
これでもかー!というくらい可愛いが詰まっています。




実はティアードってなんかラブリーで苦手と思っていました。
(いつも可愛い服を着ているじゃないかと言われそうですが、可愛いとラブリーはちょっと違う!と、思う!!)
着てみた感想としては「全然ラブリーじゃない。SOWAすごい。」でした。

落ち着きのある色合いであったり、素材の透け感、着丈の長さ、切り替えの位置など。
可愛いの中に大人の品を感じられる要素や、幼くならない絶妙なバランスが取られているのでラブリーにならないのだなぁ〜と。
まさに大人のための可愛い服です。




たっぷりとギャザーを寄せていますがストンとした落ち感のある生地で見た目はスッキリとしています。
でも歩き出すとふんわり、ゆらゆら。




ギャザーの良いところだけちゃんと残されているなぁ〜と。
これだけたっぷりの生地を使ってギャザーを寄せるとボリュームアップして見えちゃうじゃないですか。
その不安要素はクリアしてギャザーから生まれるなめらかなドレープだけを残す。
天才…

どこをとっても好きなポイントしかないのですが、特に私がキュンときたのはここ。





手の甲がすっぽりと隠れてしまう程長いお袖。(めっちゃかわいいー)
メタルのお花ボタンがピリリとアクセントを効かせています。
こちらのお写真では隠れてしまっていますが、お袖にもリボンがついています。

正直なところお食事の時は…つきます。笑
でも夢があって可愛いから許す!!全然いい!!と、私は思っています。
リボンは取り外しもできるので、お食事の時だけしまっておくことをお勧めします。
(私は内側にぎゅっと入れこんじゃってます)

セレモニー向けにとオススメしていますが、もちろん日常にもお召しいただけます。
むしろ私は普段のほうがよく着ています。
まだ寒さの残る今時期でしたらこんなコーディネートもオススメです。




・SOWA 「waltz dress」 brown
・Lisette 「ビーチェ」 ノアール・メランジェ


ドレスの上からニットをスポッ。






ボウタイリボンとお袖もちゃーんと出ます。
「waltz dress」の可愛さはしっかりと押し出しつつカジュアルに。
これなら普段から取り入れやすいのではないでしょうか?

さらにこのドレスの嬉しいポイントはシワになりにくいというところ。
なので旅先にもオススメ。長時間の移動も気にならないんですよね。
その上手洗いも可能ときたらもう非の打ち所がないです、ほんと。

合わせたLisetteの「ビーチェ」もオススメのアイテム。




カラフルなネップが懐かしさを感じさせるベーシックな形のニットです。
生地は肉厚ではなくどちらかといえば薄手な方。重ね着してもモコモコにならないタイプです。
ですがカシミア混で保温性はバッチリ!
語れば語るほど優秀でこの秋冬シーズンの最後に買い足してもいいかもって思っちゃいます。
(今日みたいに急に雪降ってきたりするんでね)

ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。


まだまだオススメしたいお洋服がたくさんあるので、またブログも更新しますね。
どうぞお楽しみに。