Rallye / margot website

Blog
Lisetteのリバーシブルジャケット
2021年12月27日


今日も静かに確実に雪が降っている金沢。
最高気温2℃という震え上がるような寒さの中、やっぱり暖かいアウターが必要。

実はまだまだあったかアイテムを大事に温存している(わけではないですが)Lisetteのジャケットをご紹介したいと思います。


■ジャケット「スー」フラワーフォレスト Lisette
■ワンピース「happa」ivory mina perhonen
■ニット「ポエータハイネックセーター」bordeaux SUSURI
■ブーツ「C-2277」ストラップブーティー BLACK chausser



こちらはリバーシブルになった中綿入りのジャケット。
表は粗野な圧縮ツイードで中綿を挟み抱き合わせて作られています。

中綿が入っているので、ふんわりとしたシルエットですが首元の開きがすっきりとしている為、
もこもこした印象があまりないでしょうか。

そして何よりも、軽い!
店頭でもお客様のご要望の中では、軽いアウターがいいというお声は多いです。
まったくその通りですね。




ウール100%の生地で、よく見るとベージュやピンク、薄いブルーの糸が混ざり合っています。
ベースの生地色はチャコールやブラウンのような濃い目の大人色。
柔らかい手触り。

ボタンではなく、付属のキルトピンで留めます。
雰囲気でて素敵。




両サイドにはポケット。
リバーシブル両生地ともにポケットが付いていますよ〜






肩落ちデザインですので、中にニットも着ていただけます。
しかしこのジャケットは本当にあたたかい。
撮影している間も、だんだんぬくぬくとあたたかさが体に伝わってきて、寒さを感じなかったのです。決して大袈裟ではなく。本当に。
ですから中に着中肉程度のニットを着て、このジャケットを羽織れば、金沢の真冬も歩けるな〜と思ったくらいです。



キルトピンを外してみました。
外してもちゃんと両側の生地が重なって、はだけるようなことはないのです。

コーディネートに合わせて外して羽織るのもおすすめです。



ジャケットの中は素敵ワンピース。
instagramでも何度もご紹介させていただいておりますが、何度着てもやっぱり好きだなと思うテキスタイル。
お出かけの時ももちろんですが、入学式や入園式にもお勧めですよ。


さらにその中に合わせたハイネックセーターは、シルク97%のとてもとても滑らかな肌さわり。
私も今年やっと購入しましたが、毛羽立ちがないのもそうですが、ストレスフリーで伸びもよくていうことなしです。
ご自宅での手洗いも可能です。
もう2回洗いましたが、くたびれず、繰り返し着ています。

ボルドーの深いお色は意外と合わせやすいです。





裏側はオリジナルテキスタイルのフラワーフォレストがちらり。
お袖を曲げても見せられます!









■ブラウス「Big Collar Blouse」white Bilitis dix-sept and

今度は裏側を表にして着てみました。

2021 秋冬のテーマL・M・モンゴメリ著「Anne of Green Gables」。
少女の愛した森の中に咲く野の花をイメージしてデザイナーの平さんが描いたもの。

インナーに合わせたブラウスの大きめの襟がグリーンの生地とマッチして先ほどの印象とはまた違う可愛らしさのあるコーディネートになりました。




葉や花びらの色のグラデーションなど、細部まで繊細に描かれていますよ。

ベースの生地はイタリア製。
細番手のコットンを縦糸に、コットンウールの混紡糸を綾織りした春まで着られる軽やかな生地です。
肌にしっとりと馴染むやわらかな風合いになっています。




■ネックレス 淡水パールネックレス semeno
■イヤリング 「Mother」white tamas

アクセサリーも添えて。
どちらも色味は落ち着いていますが、その存在感といったら。
さりげなく付けることを年を重ねてさらにいいものだなぁと思う今日この頃。


さてさて、今年のブログはこれでおさめることとなります。
急に始まるブログ更新をいつもご覧下さっている皆様、本当にありがとうございます。

店頭にご来店いただいたお客様、遠方のお客様、今年も一年ありがとうございました。

また来年も張り切って書きたいと思いますので、ぜひご覧になっていただけたらと思います。


それでは皆様、穏やかで暖かい年越しをお過ごしいただいて、
どうぞ晴れやかな新年をお迎えくださいませ!
Instagram / Blog
rallye instagram
margot instagram
blog